次世代トレンドPYRENEX(ピレネックス)のダウンジャケットはダサいと評判? | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
アウター

次世代トレンドPYRENEX(ピレネックス)のダウンジャケットはダサいと評判?

こんにちは、今回は次世代トレンドと言われているPYRENEX(ピレネックス)のダウンジャケットについてレビューします。

「ダサい」との評判もありますが、たしかにクオリティーや機能性は値段にしてはいいですが、かっこいいかと言われるとそこまで。(ダサいという評判は言い過ぎ)

当ブログはファッションを通じてかっこいい自分を目指すブログなので、趣旨に沿うならそこまでオススメではありません笑

しかし、コストパフォーマンスもいいですし、他の人と被らない高機能ダウンジャケットがほしいけど10万円越えのカナダグースや水沢ダウンは高いし、セレオリ別注も飽きたしという人にはオススメです。

ダサいと言われるのは見慣れていないだけというのが個人的感想。

ダウンの質がよく温かいのは確かですし、フワフワで着心地が抜群にいいので実用性重視な人にはかなりいいのではないでしょうか。通勤にも使えますし。

オンオフ兼用、かつキレイめなダウンジャケットが好きな方はピレネックスをぜひオススメします。

 

オンオフ兼用でもダウンはやっぱりカジュアルな雰囲気が好きであれば、NANGA。本家は7万円台でも、アーバンリサーチとのコラボダウンであれば3万円台で買えます。

アーバンリサーチ×NANGAのダウンジャケットが気になる方へ、レビュー記事はこちらをクリック。

詳しく解説していきましょう。

 そもそも今話題の「ピレネックス」というブランドって?

 

ピレネックスは1800年代にフランスで起こされた羽毛を加工する会社です。

アウトドア、登山用のトレッキングウェアやスキー、スノボーのウィンタースポーツに最適のダウンジャケットなどのアウターを提供しています。

 なぜピレネックスのダウンジャケットはダサいと言われる?原因はサイズ感?ロゴワッペン?

 

正直、ピレネックスのダウンジャケットで一番人気の「スプートニック」は「タトラス」と比べるとシルエットが中途半端です。

とはいえ、ダウンがしっかり詰まっているが故に細く見えづらいのでピレネックスだけがそれに該当するかと言われると微妙なところ。

また、カナダグースのダウンジャケットも正直似たりよったりなシルエットですが、カナダグースは「高級ダウンジャケット」として市民権を得たのに対し、トレンドになりつつあるとはいえピレネックスはまだファッション感度が高い人ぐらいしか認知されていないんですよね。

なんだかんだ、特に日本では「ブランド的価値」はかなり印象に影響を及ぼすんですよね。

とはいえ、シルエットが中途半端という意味は私も結構理解できます。オンオフで使えるようにしているのも理由なのでしょうか。

私はかなり細身の人間なので、そういう方には似合いづらいというのは理解できなくもありません。

着こなし方を間違えると、シルエット自体がオシャレなわけではないのでその辺のおじさんおばさんと変わらないコーディネートになるのもピレネックスダウンが「ダサい」と言われる原因の一つでしょう。

ただ、トレンドはリラックスシルエットであり「細身」がトレンドだった2010年代前半の逆風を思えばかなり順風が吹いていると言えるでしょう。

あとはロゴとワッペンが個人的に嫌いという意見でしょうか。

たしかに既存ダウンジャケットブランドとピレネックスのロゴとワッペンは差別化できているとは言えないでしょう。

しかし、先ほどのブランド力の話と同様、これからピレネックスがトレンドとして周知されていく範囲が増えれば、「ニューバランスがダサい」が「粋なロゴ」と掌が返されたように評価は逆転すると思います。

ピレネックスは流行の空気ができてきているので、掌返しはそのうちというか近いうちになされる気がします。

ただし、他人と被らず差別化したい人にとってピレネックスの流行は逆に痛いでしょうが。

 ピレネックスのダウンジャケットはモンクレールの後継者扱いで工場も同じ?

 

もともと、超高級ダウンジャケットブランドであるモンクレールは高すぎる、という人に代替ブランドとしてアパレルが推していたのがピレネックスです。

しかし、同じモンクレールの後継として推されたタトラスの方が人気が出てしまったんですね。

モンクレールと同じ工場でも生産していて、なおかつ価格帯は大幅にお求めやすいダウンジャケットであり、ダウンの質も文句なし。

フカフカで布団に包まれているような感覚は、ユニクロやセレクトショップオリジナル別注ダウンジャケットだと感じられないでしょう。

マジでフカフカで柔らかくて気持ちいいです。

中身に対して知名度がなさすぎますね。

まぁカナダグースも最近市民権を得ましたが、それまでは「ダサい」「高い」という声も多かったので、本当に服のトレンドって「さじ加減ひとつ」だなと思うわけですが。

上でも書きましたが、2000年代後半から2010年代前半は「とにかく細身」の時代だったので、そこもピレネックスにとって不利な条件だったんでしょうね。

 ピレネックスでおすすめのダウンジャケット「スプートニック」と「ランス」。

created by Rinker
Pyrenex(ピレネックス)
¥188,100
(2022/10/03 15:11:32時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。 購入、試着した商品をレビューしたり、ファッション理論について語ります。
BASEにて私のセレクトショップを始めてみました。

実はずっと夢だったセレクトショップの開店。