メンズファッションでパーソナルカラー診断は気にしなくていい?髪色は重要? | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
コーディネート理論

メンズファッションでパーソナルカラー診断は気にしなくていい?髪色は重要?

こんにちは、今回はメンズファッションでパーソナルカラー診断は必要なのかどうかについて解説していきたいと思います。

はっきり言えば、多くのMB氏らメンズファッションのインフルエンサーが言う通り、私もパーソナルカラー診断を参考にする必要はない、と思います。

理由は、成人男性はビジネスの影響で髪色がほとんど黒色かつ短めで固定されてしまうからです。

女性はメイクや髪色や髪型に自由が利くのでパーソナルカラーをうまく活用する術もありますが、男性の場合は自由が利かないのでパーソナルカラーを気にしてもあまり仕方ないんですよね、悲しいかな。

私はメンズはパーソナルカラーは気にしなくていいというのが結論ですが、ただし日本人の肌の色だとチャコールグレーやベージュの色味によっては顔が暗く見えるのでそこだけは少し気を付けた方がいいかと思います。

また、パーソナルカラーよりも重要視すべきは体格による「似合う」「似合わない」の差です。

 骨格診断の方がメンズにとっては重要でしょう。

created by Rinker
¥1,247
(2021/11/27 15:42:34時点 Amazon調べ-詳細)

詳しく解説していきましょう。

 パーソナルカラー診断はメンズにはあまり関係ない。

 

はっきり言えば、女性だと男性よりもかなりファッションに選択肢があります。

最近はジェンダーレスがトレンドでメンズも服の選択肢が増えたり、メンズメイクも割と一般的になってきたりずいぶん時代は変わりつつあります。

しかし、それでも男性はまだまだ自由な選択肢が少ない。

男女平等が叫ばれつつも、髪型や髪色は男性の社会人には自由はありません。(自由と言われていても取引先との関係で暗黙の了解で自主規制で黒色・短髪にせざるを得ない)

結局、女性は服の選択肢、髪の明るさ、メイクにある程度自由が効きますし、メイクはオンオフで切り替えられます。

そこまでカスタマイズ性が高いと、パーソナルカラーを考えて自分の肌色に合う服を選ぶ意味が生まれてきますよね。

……正直、女性も個人的にはそこまでパーソナルカラーを重視する意味もないと思います。ファッション産業が新たな需要を生み出すために言っているだけかと。

閑話休題、男性はそこまで選択肢がない現状なだけに、パーソナルカラーを気にしても仕方ないんですよね。

そもそも、パーソナルカラー診断で「春」タイプと出たらパステルカラーを選ぶといい、と言われますが、メンズでパステルカラーのアウターはほとんどまともなブランドの市場でありません(笑)

大体は黒ですし、インナーは白、ボトムスは黒、グレー、ネイビーあたりがほとんどを占めますし、男性は服に興味のない方も一定数いるのでパステルカラーのような変化球的な色のアイテムをおいても売れ残ります。

なので、そもそもパーソナルカラー診断をしても市場に出回らないので意味がないということもあるわけですね。

今後は副業でYoutuberやTiktokerをされる方も多いので、だんだん男性の髪型の自由も生まれてくると思います。

Youtuberヒカルのように髪の毛で個性を出してアイコンになると覚えてもらいやすくなりますからね。

 パーソナルカラー診断は気にしなくても、インナーの色をメンズは気にするべき。

 

はっきり言って顔色が良く見えるか悪く見えるかを決めるのは、ほとんどインナーの色です。

ジャケットの中のシャツやTシャツの色が顔の照り返しをほとんど決めています。

ここで自分の顔色が悪く見えるアイテムを選ぶのはやめましょう。

日本人の平均的な顔色ですと、白成分が少なめのダークグレーやベージュは顔がこけて見えやすいです。(あとはあまりインナーに使わないですが、濃い目のカーキなど)

これらの色をインナーに選ぶ時は注意しましょう。好きな色でどうしても使いたいならば、アウター、もしくは顔から離れているボトムスや靴で取り入れましょう。

もしくは、あえて顔色を悪く見せるアースカラー、中間色のインナーを選び、アウターを白にすることでメリハリを付ける上級者テクニックもありますが。

しかし、困ったらそれらの色のインナーを避けて、白を選びましょう。もしくはかなり明るめのグレーですね。

無地は嫌なら、白×ネイビーのボーダーなど。

 最近はイエローやオレンジもトレンドですが、明るめのそれらの色は日本人の肌に合わないので、マスタードやテラコッタなど濃い目の色味に変更することも検討しましょう。

こちらではなく、

こちらを選びましょう。

 メンズはパーソナルカラー診断よりも骨格診断の方が重要。

 詳しいことはこちらのサイトか、以下でご紹介する本をご覧ください。

created by Rinker
¥1,247
(2021/11/27 15:42:34時点 Amazon調べ-詳細)

正直、骨格診断を気にするのは中級者以上になってからでいいとは思いますが(笑)

ウェーブタイプ、ストレートタイプ、ナチュラルタイプの3つに分かれており、体格や骨格により似合う服が変わるというのが概要です。(かなり雑な説明ですが)

私は細身のウェーブタイプなのですが、たしかにナチュラルタイプが得意とするポケットがたくさんついたワークテイストのアウターは似合わないんですよね。

Photo by ナノユニバース公式

(このように2021新作のナノユニバースの西川ダウン新作はそんな雰囲気。UNIQLO×ホワイトマウンテニアリングのダウンも似たデザインですね、これを思い浮かべてください。)

シンプルにポケットがあまりつかないデザインの方が似合います。

男らしいワークテイストのアイテムだと「中性的な雰囲気のウェーブタイプ」とギャップが生まれてしまい、よくも悪くもお互いを引き立て強調してしまうんですよね。

アウターが良く見える場合もありますが、大抵はコーディネートがなじんでいないという感覚になるでしょう。また、華奢な体が更に目立ちます。

しかし、正直慣れれば着こなしで印象を変化させられるので「めちゃくちゃ気にする」ほどではありません。

骨格診断を気にするのは、シルエットと色、素材は完璧だけどもう一歩この服を買うのに踏ん切りがつかない時に参照するぐらいでいいと思います。

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。