2021秋冬メンズナノユニバース×東京西川のA1(G2)ダウンジャケットの評判は? | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
セレクトショップ

2021秋冬メンズナノユニバース×東京西川のA1(G2)ダウンジャケットの評判は?

こんにちは、今回は毎年大人気でもはや定番中の定番と化したナノユニバース×東京西川の「西川ダウン」の2021AW(秋冬)のレビューをしていきたいと思います。

結論から述べますと、やはりこの価格帯でのコストパフォーマンスとデザインの完成度は抜けておりオススメと言えます。

ただし、他人と被るファッションはしたくない、という方はナノユニバースの西川ダウンを選ばない方がいいでしょう。

2021秋冬の西川ダウンは王道のG2ジャケットをモチーフにした定番の型からトレンドを反映してフードが無くなったのが一番の変更点でしょうか。

(名前もG2からA1に変更されていますね)

詳しいレビューをしていきたいと思います。

西川ダウン(R) [SHIELD] A1 ALPHAの評判。定番のG2がフードなしでリニューアルだがバランスが微妙?

 

Photo by https://store.nanouniverse.jp/jp/g/g6681214004_r1314_y010

フードが無くなりかなりスタイリッシュな印象ですね。

確かに最近はフードなしのダウンジャケットがトレンドなので、2021AWのナノユニバース×西川ダウンはトレンドに寄せてアップデートしたのですが。

ステッチも細かく丁寧で、厚みがありすぎるわけでもなくかといって細すぎてトレンドと離れているわけでもない絶妙なシルエットです。

ただ、フードがないと少しバランスが微妙なんですよね。

フードを無くすのであれば、もっとストリートに寄せた素材やもっとゆるめのシルエットにした方がよかったかなという印象。

ナイロンがなまじこの価格帯では高級感あるきれいめな感じに仕上がっているのでどこか中途半端かなとは思います。

しかし、まぁ80点のアイテムではありますしベーシックなアイテムなので買って損することはありません。

着丈も短めなので、結構シルエットが作りにくいんですよね。

フードがあるだけで全体のバランスが取れるのですが、そこを無くすと全体のコーディネートでシルエットを調整しないといけません。

モックネックやタートルネックがトレンドで各ブランドから登場していますし、それらと合わせると問題ないでしょう。

このA2ジャケットは立ち襟(スタンドカラー)なので、首元が寂しいわけではないですが。

細身のパンツの方が合わせやすいでしょうね。

 

Photo by ナノユニバースオンライン

このように細身のジョガーパンツの合わせるのが無難かつおしゃれに見えるでしょうね。

ちょっとスタンドカラーのダウンジャケットって野暮ったいので、しゅっとしたパンツの方がメリハリが効いていいでしょう。(かといってスキニーはトレンド外なので、細身のダークカラーのパンツで大丈夫です)

Nikeのテックフリースパンツは快適さとシルエットの両立ができて10000円なのでオススメ。(シルエットのきれいさはブランドレベル)

お金をあまり使いたくない方は、ユニクロのジョガーパンツでもいいでしょう。(ウルトラストレッチシリーズはかなりシルエット良)

ただ、コロナ禍でワードローブの服の数を絞る人が増えたので、量より質路線の方がオススメではあります。

西川ダウン(R) [SHIELD] A1 ALPHAの商品ページは以下から簡単に飛べます。

※楽天では時折10%オフクーポンや、20%ポイント還元も行っているのでオススメです。それと比べるとアマゾンは常にお求めやすい、返品しやすいのが利点。(ずっと楽天はキャンペーンを見ておかないといけないので時間を浪費してしまう)

 

西川ダウン(R) [SHIELD] A1 ALPHAは寒い?機能性はどう?

 

西川ダウンはペラペラで寒いと毎年言われていますが、普通に温かいので安心してください。

ユニクロのダウンジャケットと比べるとかなり違いが分かるレベルです。(ユニクロはシルエットはよくてもぶっちゃけ寒い。あと表生地が安っぽい)

撥水性も高く、耐久性もあります。セレクトショップの3-4万円の価格帯のダウンジャケットなんか安くて不安という方もいますが、全く問題ありません。

10万円超えの高級ダウンジャケットが人気ですが、クオリティーはそこまで変わりません。10万円超えダウンジャケットがブランドネーム代だけとは思いませんが(笑)

ナノユニバース×東京西川のダウンジャケットは大人でも十分5年選手で使えるオススメアイテムです。

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。