2021URBAN RESEARCH×NANGAのダウンをレビュー。西川ダウンに負けている? | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
アウター

2021URBAN RESEARCH×NANGAのダウンをレビュー。西川ダウンに負けている?

こんにちは、今回はアーバンリサーチ×NANGAの「オーロラダウンブルゾン」のレビューです。

「3レイヤー」というアウトドアブランドのマウンテンパーカーなどに搭載されている冬の寒さ対策機能を搭載しています。(ドメスティックブランドのアタッチメントのアウターにもよく使われていましたね)

アーバンリサーチ×NANGAのダウンジャケットはライバルである「ナノユニバース×東京西川」の西川ダウンジャケットに対抗して作られたアイテム。

寝具メーカーの西川に対して、アーバンリサーチはシュラフ(寝袋)メーカーのNANGAとコラボしました。

結論から述べますと、非常にオシャレ感の強いアイテムに仕上がっています。

もちろん機能性も抜群ですが、ナノユニバースやBeauty&Youthの小松マテーレダウンジャケットと比較してもモード感、都会的でファッショナブルな印象は最も強いのではないでしょうか。

西川ダウンと比較したタイトルにしましたが、西川ダウンはレパートリーが豊富ですが、単体しか出していないアーバンリサーチ×NANGAは「個」としては強く、2021のトレンドならばこちらの方がいいかもしれませんね。

非常にオススメである理由については以下で語っていきたいと思います。

ライバルであるナノユニバースの西川ダウンジャケットのレビューはこちらからどうぞ。是非、比較してみてください。

Photo by 楽天ファッション公式

URBAN RESERACH×NANGAダウンとナノユニバース×東京西川ダウンジャケットの比較。

もともと、アウトドアブランドのNANGAとコラボしたアーバンリサーチのダウンジャケットなのでマウンテンパーカーのようなデザインが特徴でした。

それが、2021年のダウンジャケットのトレンドが追い付いたんです。

どういうことかというと、ナノユニバース×東京西川ダウンジャケットもマウンテンパーカータイプが2種(しかも主軸のG2という型もマウンテンパーカータイプに)出して、Beauty&Youthの小松マテーレダウンジャケットもマウンテンパーカーのようなデザインに寄せてくるなどダウンジャケットはマウンテンパーカータイプが主流に。

かっこいいけど、かっこつけすぎないところがトレンド化した要因でしょう。

また、コロナ禍で機能的で着回しの利くデザインのアイテムを最低限持っておく(服の数はそんなにいらない)という風潮が広まっているのも理由の一つかと思います。

とにかく、逆に西川ダウンや小松マテーレダウンがアーバンリサーチ×NANGAのオーロラダウンジャケットのデザインに寄せてきているわけです。

アーバンリサーチは何年も前から出しているだけに、このタイプのダウンジャケットは手慣れたものですし、お客様の評判を得て毎年アップデートしてきています。

すでに他セレクトショップを周回遅れにしているわけなので、2021の秋冬のアーバンリサーチ×NANGAのオーロラダウンジャケットはオススメなんです。

NANGA URBAN RESEARCH iD AURORA 3LAYER DOWN BZ
created by Rinker

  URBAN RESERACH×NANGAダウン2021をレビュー。

 

2021年もコロナ禍がありつつも、ちゃんとアーバンリサーチでNANGAコラボのダウンジャケットが発売されました。

店舗でも2019に人気だったコヨーテと呼ばれるキャメル寄りの色が発売。ブラウン系の色は2020のトレンド色だけに、店舗でも人気になりそうです。

黒やネイビー、グレーといった定番色のダウンジャケットに飽きた人にはいいでしょう。

本家NANGAだと同じオーロラダウンジャケットは5万円台が多い。コラボだと3万円台収まっているので未だ「お求めやすい」ことには変わりありません。

相変わらずかなりのオススメアイテムと言えるでしょう。ダウンジャケット自体子供っぽくなりがちですが、こちらは「大人」なダウンジャケットになっています。

ちょっとヤンチャな感じがして苦手な方にちょうどいいダウンジャケットと言えるでしょう。

ユニクロのダウンジャケットも大々的に打ち出していますが、機能性と耐久性、シルエット、デザインの秀逸さという観点で言えばアーバンリサーチ×NANGAに軍配。

何年も着られるので、初期投資と思って是非こちらを選んでほしいですね。

 アーバンリサーチ×NANGAのダウンジャケットの特徴。耐久性の高いオーロラテックスを使用。

 

最近はダウンジャケットは各セレクトショップが力を入れていますね。

こうなると、どこが他社と違うのか判別するのが難しいと思います。

基本的に有名セレクトショップの3~4万円台のダウンジャケットはどこも「ここは保温性が低いな」とか「生地が安っぽい」という確率は低いです。

となると、大体はデザインで決めることになりますね。

しかし、こちらのNANGAのダウンジャケットのダウンは同価格帯の中でも温かいです。(フィルパワーという単位が使われ、他のセレクトショップなら700が多いですがアーバンリサーチ×NANGAは760です)

とにかく温かいです。

また、オーロラテックスと呼ばれるNANGA独自素材が使われており、蒸れにくくかつ温かいという高機能を実現しています。

外はよくても電車や車の中だと暑くて汗がでるという方も多いでしょう。それを防ぐ機能素材が「オーロラテックス」なんです。

アウトドアブランド(寝袋)のNANGAなので、耐久性も抜群に高い生地を実現しています。

更に、このアーバンリサーチ別注のダウンジャケットは、「3レイヤー」という構造になっています。

これは、レインウェアや登山ウェアに用いられる構造で、1枚の生地なのに実は中身は3層になっていて保温性が抜群。

なのに、中にこもった湿気は逃がしてくれるという超高機能なんです。

Kazuyuki Kumagaiというブランドがあるのですが、(ATTACHMENTの姉妹ブランド)「3レイヤー」という機能をよく使っています。

しかし、ドメスティックブランドだけにアウターだと8万円以上するんですよね。ダウンジャケットだともっと高い場合も。

3万円台で3レイヤー機能を実現しているのはシンプルにすごいです。

(余談ですが、私もKazuyuki Kumagaiの3レイヤーコートを買いましたが9万円近い値段でした。確かに1枚の生地なのに寒くないんですよね、でも蒸れないですし風も全然感じない防風性もあります)

NANGAの評判。そもそもNANGAってどんなブランド?

 

NANGAはその名前から海外のメーカーを想像されるかもしれませんが、滋賀県米原市のブランド。

高い山を登る際に使われるアウトドア用品の制作を主にしていた会社です。

人気なのは、ダウンジャケット。

羽毛は選び抜かれたものを国内で職人の腕で洗浄、縫製まできちんと手縫いで行う信頼性の高いメーカーです。

国内メーカーはかなり少なくなってきたので、残っている企業はかなり優秀でこだわりのある企業ばかり。NANGAもその一つです。

経営が傾きそうなメーカーが多い中、NANGAは自社ショップを新たに作っており、飛ぶ鳥を落とす勢いと言えるでしょう。(羽毛を扱っているだけに

 アーバンリサーチ×NANGAは都会的なダウンジャケットに。トレンド感もありつつ、着回し抜群。

 

上でも言いましたが、アーバンリサーチ×NANGAのオーロラダウンジャケットは非常に都会的かつダウンなのにモードな感じが漂います。

快活なダウンっぽさをいい感じで残しつつ、程よく都会的な印象もあるんですよね。

アーバンリサーチのアーバンは「都市」という意味ですが、まさにその名にふさわしい練りこまれた完成度の高いデザインと言えるでしょう。

スポーティーになりすぎない「ちょっときれいめな」ダウンジャケットです。

トレンドライクな着こなしに合います。かといってベーシックな着こなしに合わない、ということはなく、非常に合わせやすいです。

バランスが非常に高いんですね。

ダウンジャケットのモコモコ感を消すために、ダウンポケットを内側に配置。

このおかげで非常にミニマルでスタイリッシュな印象です。(でも、フィルパワーが高い格があるダウンを使っているので温かい)

またフード周りがごちゃごちゃせず、フードの立ち上がりもキレイでシルエットがキレイ。フードがぺちゃんとするとそれだけでどこか安っぽく見えます。

ユニクロが散々調査した結果、「高く見えるフード付きアイテム」は「フードの立ち上がりがキレイ」という法則を見出したそうです。

安いと生地が雑でどうしてもきれいな形を維持することはできません。安いアイテムはだから形を維持できずペラペラ感が生まれます。

しかし、アーバンリサーチ×NANGAのダウンジャケットは3万円台ながら綺麗なシルエットを実現しています。

ついでに言えば、袖を通していただいて歩いてみるとわかるのですがペラペラ感はないのに非常に軽い。

最近流行のカナダグースのようなダウンジャケットだと肩がこる場合もありますが、こちらはまるでユニクロのウルトラライトダウンを羽織っている時のように何も感じません。

いや、完璧ですね。

 アーバンリサーチ×NANGAのダウンジャケット。色のオススメは?

 

黒がモードっぽくてオススメですが、黒や紺だと当たり前ですよね。

もちろん1着目であればベーシックな色が合わせやすくてオススメです。

しかし、ベーシックな色が飽きたという方はカーキやベージュという色があります。また、コヨーテというベージュより濃いめのキャメルに近い色味もありますね。

コヨーテはオシャレなんですが、人気か在庫が微妙。

しかし、思い切ってベージュみたいな明るい色を選ぶと新鮮です。どうしても冬はダークカラーが多いですからね。

Photo by アーバンリサーチ 公式オンライン

一人ぱっと明るい色のダウンジャケットを羽織る人がいれば、周りとも差別化できます。

メンズは黒、グレー、ネイビーがひたすら多いですからね(笑)

カーキは濃いめで非常に合わせやすいですが、被りにくい色味です。かなり綺麗な色が出ているのでベージュほどチャレンジはできないけど、シンプルは嫌な方は是非。

コヨーテはトレンド色。購入したい方はいますぐにどうぞ。店頭でも在庫があやしいです。

(同じ楽天市場でも違うショップだと在庫がある可能性もあります)

しかし、開いてきてもフードが立ってシルエットがキレイですし、閉じてきてもマウンテンパーカーっぽい印象。首周りの絶妙なキレイさがいいですね。

首回りは最も視線が集まる箇所(顔に近いので)。首回りを意識してシルエットを作っているのはさすがです。

URBAN RESEARCH×NANGAのダウンジャケットの素材感とサイズ感はどう?

オーロラテックスという独自素材はアウトドアっぽさも感じられますが、どこか雰囲気のある素材感に仕上がっています。

きれいめの生地でもないんですが、「なんか大人っぽいな」と感じる生地感ですね。光沢も秀でて強いわけではないんですが、「大人の落ち着きとかっこよさ」を表現しています。

このダウンジャケットのサイズ感はゆったりめでもなく、かといって細身でもない自然なタイプ。

着丈も長すぎず短すぎないので普段のご自身が選ばれているサイズを選ぶと間違いありません。

何年も愛用できるダウンジャケットと言えるでしょう。

 まとめ。(今回紹介したアイテム)

 

NANGA URBAN RESEARCH iD AURORA 3LAYER DOWN BZ
created by Rinker

楽天市場での購入がオススメです。

ポイントと割引で1万円近く値引きがあります。セールの時期どころか販売当初からそんな感じなのでびっくり。

汚いですが、アーバンリサーチの店舗で試着して、上の楽天市場から購入しましょう。

絶対にその方がお得です。(元アパレル店員としては怖い話ですが、実際にポイントカードのポイントぐらいしか店舗で購入するプラスがないんですよね、100円につき1ポイントが基本です)

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。