aniaryのレザーバッグのレビュー、感想。選び方とオススメ。トート、ボディなど。 | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
aniary

aniaryのレザーバッグのレビュー、感想。選び方とオススメ。トート、ボディなど。

こんにちは、今回はaniary(ア二アリ)というレザー(主にバッグや財布)ブランドを総括してレビューしていきたいと思います。

aniaryはもはや両手で数えるほどしかない日本産のレザーブランドです。

an ideal and reality(理想と現実)の略でア二アリというブランド名になっていますが、理想に追い付かない現実という意味ではなく、理想と現実の調和を目指した徹底的なモノづくりの精神を特徴としています。

aniaryは「すべてメイドインジャパン」という理想を叶えただけでなく、すべて職人による手作りで作っています。

それなのに、3~4万円の価格帯がほとんどであり、「現実的」なお値段で提供しています。

質もあり、値段もお手頃。理想的な質と現実的なお値段を兼ね備えた「aniary(アニアリ)」というブランドのオススメのアイテムと選び方についてご紹介していきたいと思います。

ビジネス用のトートバッグもカジュアル用のボディバッグもありますし、イエローやターコイズブルーといった珍しい色味のレザーバッグもあるのでオススメですね。

女性の方が男性に誕生日やクリスマスのプレゼントをするのにもいいでしょう。5年~10年と使えるアイテムなので喜ばれますよ。

ブランド名は名だたる「ルイヴィトン」などに比べれば劣りますが、ハイブランド並みのレザーの質で10万円どころか5万円以下と脅威。

ファッションインフルエンサーであるMB氏らアパレル関係者も絶賛していて、日本で2社しかない一部上場セレクトショップ「Studious」でも取り扱いされています。

個人的なオススメは正統派王道の「インヘリタンスレザー」か、逆に非常に味のある「ダブルエンボスレザー」です。

派手な色やボディバッグを選びたいなら個性の強くないインヘリタンスレザー、逆に黒やダークブラウンのトートバッグだと表情のあってかっこいいダブルエンボスレザーにすることをオススメします。

aniary公式サイトはこちら。

アマゾンのアカウントをそのまま流用して購入することができます。返品交換も可能。

 aniaryの正統派「インヘリタンスレザー」を使ったしっかりとしたバッグ。aniaryの比較的柔らかいレザーが多い中で、硬め。王道。

 

こちらは実はaniaryの中では定番アイテムというわけでもありません。

しかし、かなり好評だったらしくセレクトしているSTUDIOUSでもaniaryのアイテムの中で一番押されていました。

何故そこまで人気かと言うと、実はaniaryのレザーはかなり柔らかいんですね。

柔らかいのに高級感があるというのは実はすごいこと(硬くて立体感があると安いレザーバッグでもそれなりに見えやすい)で、個人的には柔らかいレザーが好きなのですが万人受けするのはインヘリタンスレザーでしょう。

秘密は、普通は1.3~1.5cmという厚みが一般的なレザーバッグに使われている表皮ですが、こちらのインヘリタンスレザーは1.8cm~2.0cmのレザーを使用しています。

単純に厚い皮を使っているということでお得感もあるのですが、そのおかげで非常に立体感がありレザーの質も相まって凄く高級感があります。

使われているレザーは2歳までの牛の革であるキップレザーを使っています。

子供の牛のレザーは大人のものと違って柔らかくきめ細かいツヤが特徴です。

それを厚めに取ることで、キップレザー特有の繊細な微光沢やレザーでもいかつくない柔和な雰囲気に重厚感も足されてまさに「芸術」というような完成度の高さに。

正直、まじでかっこいいのでaniary(アニアリ)初体験の人に是非オススメです。

レザーの雰囲気を損なわないように撥水加工もしています。

職人が一つ一つ丁寧に手で加工をしているので、撥水加工が何年も持ちますしレザーの雰囲気を損なってしまうことがないように微調整されています。

これがaniaryのレザーが長年持つ理由です。

本来はクリームによってメンテナンスをした方がいいですが、それをしなくてもレザーがいい感じに味がでてきて「劣化した」という感じにならないんですよね。

面倒くさがりな人にもピッタリです。

 aniaryの「ダブルエンボスレザー」はクロコダイル柄のようなデザイン。職人がひとつひとつ丁寧に仕上げている高級感ムンムンのレザー。

 

2015年前後はスティーブジョブズらの影響で「ノームコア」という究極のシンプルがトレンドでした。

必然レザーバッグも滑らかなレザーのものがトレンドで、あまり加工されたレザーははやりませんでした。

しかし、その後シンプルに飽きた人たちが少し表情のあるアイテムを求め始めてトレンドが徐々に変化。

一気にド派手なアイテムにするのは引けるけど、ちょっと普段と違うアイテムを選んでみようとレザーでも味があったりデザインが入っている、デニムでもダメージが入っているといったトレンドが生まれています。

チェックもクラシカルなガンクラブチェックや、表情のある素材でるコーデュロイなど派手過ぎないけど柄や表情があるアイテムがトレンドなんですね。

話が少しそれましたが、このダブルエンボスレザーはシンプル過ぎるレザーに飽きた皆様にピッタリ、でもトレンドとはいえ飽きてしまうような派手なデザインでもない、ちょうどいいバランスなんですね。

こちらはクロコダイル柄の型押しをしているので、存在感がありますし高級感が非常に生まれています。

ただ、クロコダイル柄の型押しは安っぽい素材を使うと一気に「偽ブランド品」のような雰囲気になります。

aniaryは高級レザーを使っているおかげで、クロコダイル柄が自然に馴染み「それどこのパチモン?」と言われることはありません。

派手過ぎることはなく、高級感を演出してくれる素晴らしいアイテムです。

こちらはインヘリタンスレザーと違って成牛のステアレザーを使用。

成牛の中でもキメが細かい繊細さがあるのがステアレザーの特徴なので、それが故に硬すぎて雰囲気が出すぎてしまうのを防いでいるんですね。

(どうしてもクロコダイル柄は派手なツヤがあると成金感が出てしまうんです)

くわえて、aniary独自の技術で作られたオイルのおかげで成金感が出る派手すぎるツヤがでないように加工しています。

職人が一つ一つ丁寧に何重にもオイルを塗りこんでいるので、その加工は剥がれにくいですし馴染んでいます。

まぁ今時(例えば)中国の工場だからといって雑な仕上げをしているわけではないですが、職人1人が一つずつちゃんと手作業で行っているのは日本の工場でも難しいことです。

是非、人と少しだけ違うレザーバッグを選びたかったらダブルエンボスレザーをどうぞ。

ダブルエンボスレザーのアイテムは現在公式だと品切れになっていますが、アマゾンにはまだ在庫があるようです。

 aniaryが最も推すアンティークレザー。深みがあり、高級感。

 

aniaryのアンティークレザーは、公式サイトでは01番と最も早い数字で表示される看板レザーです。

個人的には上の2つ、特にインヘリタンスレザーはかなりオーソドックスで分かりやすいレザーなのでオススメしましたが、aniary公式はアンティークレザーを最も推しています。

加えて、一番持っている人が多いaniaryのレザーカテゴリーになるのではないでしょうか。

柔らかでくったりとした表情が特徴のレザーです。

はじめから少しヴィンテージ加工がされているおかげで、購入当初から雰囲気があるアイテムになっています。

 aniaryはこのアンティークレザーを現時点での理想のレザーができた、最高到達点だ、と言っています。

個人的には上の2つが好きなのですが、たしかにヴィンテージな雰囲気を職人が一つ一つ手作業で加工しているので作り手側に思い入れが生まれるのも分かります。

まさに自身が創作した「作品」ですからね。

昨今コピーされているアイテムが多いですし、東南アジアなどで大量生産される何の個性もない商品が多いアパレルです。

aniaryは一つ一つ手作業で加工し、日本ですべてを完結させていて哲学のある今時珍しブランドと言えるでしょう。

セレクトショップオリジナルも「売れるアイテム」を生産しがちですが、そんな中でも哲学を持っているaniary。

そのaniaryが「自分たちの最高傑作」と謳うレザーを是非体感してみてください。

もちろん、現時点でもアンティーク感が出ていますが、使っていくうちに更に自分の色が出てくるので男性にとってはたまらないでしょう。

 aniary(アニアリ)のレザーバッグでオススメの型その1。ビジネスでもカジュアルでも使えるトートバッグ。

 

インヘリタンスレザートート
aniary

(こちらは上で紹介したインヘリタンスレザーを使った超上質なトートバッグです)

まずは、トートバッグでしょう。

ビジネスでも使え、カジュアルでも使えるどんな場面にもピッタリなのがトートバッグです。

トートバッグですが、しっかりA4のものも入ります。

かといって大きすぎないので持ちづらくないですし、満員電車でも他の人に当たって面倒くさいことになりません。

また、デートでも使えます。

白Tシャツにデニムといったシンプルすぎるスタイルにも華を持たせてくれます。

収納もしっかり小分けされていて、メンズならば十分すぎるぐらいでしょう。

高いバッグでもZIPの耐久性が低いことがありますが、こちらは噛んだりすることもありませんししっかりとしたZIPを使っています。

インヘリタンスレザートート(縦長)
aniary 公式

インヘリタンスレザーを使ったトートは、縦長でよりカジュアルに使いやすいタイプもありますね。

 aniary(アニアリ)のレザーバッグでオススメの型その2。トレンドであり、街着として使いやすいボディバッグ。

 

ボディバッグは昨今のトレンドです。

2018年頃はサコッシュと呼ばれる薄手の四角型の体に付けるバッグが流行したのですが、最近はボディバッグがトレンドになりつつあります。

ボディバッグはダサい、と女性ウケもかなり悪かったですが、女性では先にボディバッグがトレンドになっているので「かわいい」と言われるでしょう。

しかし、昔流行ったような切り替えの激しいタイプではなく、レザータイプがオススメ。

これは現在セットアップ(ジャケットとスラックス両方同素材のもので揃えること)が流行っていますし、今後2~3年かけてジャケットなどのキレイめアイテムがトレンドとなります。

実際2020春夏のハイブランドのコレクションではジャケットの登場が非常に多かったんですね。

ドレッシーなスタイルが流行りますし、ボディバッグは2020年に本格的にトレンドになりそうなのでaniaryのボディバッグはトレンド感があっていいです。(2019はオシャレ感度が高い人たちには既に流行の気配がありました)

あと、レザータイプのボディバッグであれば「トレンド感」もありますが、子供っぽくてダサくないので流行がすぎた後でも違和感なく使えるでしょう。

オレンジやブルーなどのビビッドな色を使うのもオススメです。

aniaryの上質なレザーだからこそ、カラフルな色を使っても子供っぽくなりません。

全身モノトーンで「地味だね」と言われがちな人にはすごくオススメです。

トートが一番オススメですが、トートすら持つのが面倒くさい人にもいいですね!

アンティークレザーボディバッグ
created by Rinker
aniary 公式

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。
もっともっとオシャレにイケメンになるメールマガジン&noteのお知らせ。

ブログですべてを述べたいところですが、正直書いても全くPV数が伸びない記事もあり伝えたいことがうまく伝えられない状況にモヤモヤしていました。

ブログはどうしても人気記事だけしか読まれないので、大衆向けの内容になってしまいファッションやイケメンになる理論が伝えられません。

そこで、メールマガジンとnoteで深くファッション理論や具体的なアイテムのオススメ、その組み合わせ方などお得な情報を紹介したいと思います。

メールマガジンでは、ファッションやイケメンになるための髪型や美容などの理論を、noteでは具体的なアイテムの紹介を行っております。

メールマガジンは無料、noteはジュース1~2本分のお値段です。

是非、ご覧ください。

もっともっとオシャレにイケメンになれるnoteはこちらからどうぞ。

毎シーズンのオススメアイテムについてご紹介しています。これを読むだけで購入するアイテムに迷うことはありません。

デートや友人との遊びで「なんかオシャレだね、かっこいいね」と言われる自分になれます。

メールマガジンの登録は以下からお願いします。(登録解除も簡単にできます)

※申し訳ありませんが、一定数のメルマガ申し込み人数が集まり次第配信となります。もし、ほとんど集まらなかった場合は中止させていただくことがございます。予めご了承ください。