ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)のレビュー、感想。2020はコスパ〇、安い。 | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
アウター

ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)のレビュー、感想。2020はコスパ〇、安い。

こんにちは、今回はナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)のレビューをしていきたいと思います。

以前からレザーアイテムが評判だったナノユニバース。

よくラウンジリザードなどのドメスティックブランドのレザージャケットをセレクトしていましたし、海外のメゾンのライダースもちょくちょくセレクトしていてそこからデザインに着想を得ていたようですね。

最近はStudiousなど他のセレクトショップもライダースを安価で販売しはじめたのでかつての「セレクトショップでレザーと言えばナノユニバース」というイメージも無くなりつつありましたが……。

2020春夏のレザーライダースはとてつもないレベルでした。

他のセレクトショップでは本革のレザージャケットは30000円+税が最低価格であることが多いですが、ナノユニバースの新作は26400円(税込)。

加えて裏地もポリエステルではなく、高級生地であるキュプラと綿を混ぜた天然素材を使っています。

本革のいいところは体にフィットして馴染むところなのに、裏地がStudiousのようにポリエステルだと伸びないので意味が無いんですよね。

しかも、キュプラだと伸縮性もありつつ保温性も高いんです。高いブランドのレザーライダースの裏地は大体キュプラ。

裏地まで充実させつつ、何故か他のブランドよりもかなりお求めやすい。一体どうやってこの値段で作ったのか謎なぐらいです。

少なくとも普通は4万円はかかると思うんですけどね。

Amazonや楽天だと簡単に返品・交換も可能なので、是非試してみてください。

メンズがレザーライダースを選ぶ意味とは?

 

レザーライダースってなんだか合わせにくそう、と思われる方も多いでしょう。

しかし、実は何とでも合わせてみやすいアイテムなんですね。

何故かというと、まずライダースといえばブラックでしょう。(ネイビー、ダークブラウンぐらいならいいですがあまり派手な色は仮面ライダー感が出ますね)

市場で見かけるのも7割は黒だと思います。(他の色は正直ほとんど売れないので黒に絞っているブランドが多い)

黒のアウターなので非常に合わせやすいのは当たり前なのですが、レザーの光沢があるので黒の地味な印象が取り払われており、着るだけでオシャレ感が出やすい。

かといって、色は黒なので派手すぎるわけでもなく着回しがしやすいんですね。

テーラードジャケットよりも、実は何とでも合わせやすいので「なんか服が足りないな」という方にはオススメのアイテムです。

デートでも着れますし、男同士の遊びに着ていっても「おまえ決めすぎてるな」と思われないでしょう。(ただし、合わせるアイテムは変える必要がありますが)

Photo by ファッションプレス

このようにオールブラックでモードテイストに決めることもできますし、(上の画像はコレクションのファッションですが、ほぼこのまま街着でもおかしくないですね)

Photo by Zoom

このようにパーカーを挟んでカジュアルなスタイルにすることもできます。

チェックシャツと合わせるとアメカジな雰囲気にもなりますし、レザーライダースは実は合わせるアイテムによって雰囲気ががらっと変わるんですよね。

ついでに、ライダースは元々バイク乗りが防風のために使ったのが由来。

防風性は高いので、実はコートのインナーに入れると機能的にも温かくていいですね。

また、最近の冬は暖冬なので長い間着ていただけるアイテムが「レザーライダース」だと思います。

しかし、高いのが難点。

そこを解決した上で、ちゃんとした機能も付けたナノユニバースのライダースが素晴らしいんですよね。

ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)の機能性は?洗濯はどう?

 

ナノユニバースのレザーライダースは序文でも書きましたが、5万円以下の価格帯ではなかなか見られない裏地にキュプラとコットンを使っています。

それ故に表地のレザーの「体に馴染む」という特徴が生かされます。

裏地がポリエステルだとそれがありません。

レザーの靴でもそうですが、本革だと最初は硬くても足に馴染んでくると思います。

しかし、フェイクレザーだとそれがありません。

ライダースも同じで本革だと体に馴染んでくれるのですが、安い価格帯の本革ライダース(本革ライダースは30000円はめちゃくちゃ安いです)だと裏地がポリエステルで伸びなくてフェイクレザーと同じ状態になるんですね。

その点、ナノユニバースのライダースは体に馴染むので便利です。

シルエットも綺麗に見えますし、本来のライダースの目的である防風も完璧に。(隙間からも空気が入ってきにくいからですね)

ナノユニバースのライダースは20000円代中盤ながら本来のライダースの持つ魅力を十分楽しめます。

いや、しかし本来ライダースは有名なショットでも

これぐらいの値段がするのが普通なので、一体どうやって作っているのか不思議で仕方ありません。

洗濯はできません。本革なので濡れたままにするとカビが生えます。

ただし、あえて洗濯機にかけることで若干ですが縮むのでサイズを間違えた時には使えないこともないですね。

また、あえて洗濯機にかけることでヴィンテージ感を出すという手法もあります。

正直新品のライダースは味が無くて、とかなんだかカッチリしすぎていて恥ずかしいという人もいるでしょう。

そういった方にオススメの方法です。

リスクが0ではないですが、10万円以上するライダースを買ってダメになったら悲劇でしかありません。

この価格帯だからこそ挑戦できるともいえますね。

(もちろん失敗するリスクはほとんどありません。乾かさずに放置するのがNGなだけ)

ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)のサイズ感は?

 

ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)のサイズ感はライダースだけにタイト。

ゆったりシルエットのライダースはいくらゆるめトレンドの昨今とはいえ難しい。

ただ「着られている」感がでますからね。

わざとオーバーサイズに作られたライダースもありますが、ライダースで特殊なシルエットを作ろうと思うと5万円では済まないでしょうね。

本革で体に馴染みますし、買う当初は「ちょっときついかな?」ぐらいのサイズ感であった方がいいです。

普通に普段と同じサイズを選べば大丈夫ですが。

ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)の素材感はどう?裏地が素晴らしく、バイクでもOK。

 

これ、3万円未満なのにそうとは思えない質感があります。

本当、5年前なら4万円以下でこの質のレザーライダースを出すブランドはほぼありませんでした。

HAREなど3万円ほどで本革ライダースを出しているブランドはありましたが、正直安っぽさが否めなかったんですよね。

シンプルなライダースですが、ナノユニバースのレザーライダースは安っぽさがほぼない。

当然、10万円以上するライダースと比べるとやはり見劣りしますが、わざわざ昔の定価が高かったライダースを古着屋で購入するならこちらでいいと思います。

技術の進歩は半端じゃないんだな、と思わせてくれますね。

裏地のキュプラは保温性が高い素材ですし、加えて高機能で蒸れた時は汗を発散してくれます。

 バイクに乗る人や、ライダースを閉じて着る人にもピッタリですね。

ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)のトレンド感は?着回し完璧。手入れをすればトレンド関係なく長年愛せるアイテムに。

 

ナノユニバースのレザーライダース(革ジャン)はトレンドではないですね。定番王道アイテムです。

着るだけでかっこいい男のあこがれ的アイテム。

テーラードジャケットと同じで定番から外れることはないでしょう。

しかも、ジャケットはシルエットに流行がありますが(最近はゆるめがトレンド)ライダースはいつの時代でもぶれずにピッタリである必然性があります。

いつでも「ぶれない」アイテムです。

ナノユニバースのライダースはシンプルなデザイン(昔はZIP大量で裏地が赤などハードな印象でしたが)なので、合わせるアイテムを問いません。

本来ライダースのコーディネートは強すぎる無骨さを取り払う必要があるんですが、こちらはラムレザーでレザーの中でも上品な印象。(割と柔らかいレザーですね)

そして、ミニマルなデザインなのでライダースの持つ土臭さを洗練されたデザインで取っ払ってくれています。

かといって、ZIPも少しだけハードな印象のものですし、チンストラップ(襟元の留め具)も付いているのでライダースっぽさは残っています。

最近リドムやStudiousなどでありがちな、ノーカラーのライダースだとたしかに男臭さは中和されていますがあまりライダースを着る意味が無くなってしまうんですよね。

デザインを極力排しているのですが、あまりに削ぎすぎて合わせやすさと引き換えにライダースの個性すら無くしてしまっている。(ついでに被る)

2016年頃の「究極のシンプル」であるノームコアトレンドならよかったですが、最近は測色性が重視されるので最低限これぐらいの特徴は残しておいた方がいいです。

ただし、2着目以降のライダースだとこのデザインでも個性が少なくて物足りなく感じるかもしれませんが。

とはいえ、着回しやすさもありつつライダースのいいところも残したこのライダースはいつまでも使える「ワードローブを安定させてくれるアイテム」です。

ミニマリストや、今着る服が無いという方にもオススメ。

実はライダースはコートのインナーにしても防風してくれて寒さを防いでくれます。

ウールコートならばウールの保温性と補完になり防寒は完璧に。

使い込むたびにレザーに味が出てきますし、長年使い込むことがマイナスにあるアイテムではありません。(正直ウールのアイテムだと毛羽立ちが出たり長年使えないということも多いです)

ただし、手入れはちゃんとしましょう!

栄養クリームを塗りましょう。革のツヤ感が増します。

あとレザーは雨に弱いので確実に濡れたらふき取ってください。多少の雨ならアメダスを振っておけば弾いてくれますが。

Amazonや楽天だと返品もできるので、是非試してみてください。実店舗に試着しに行ってもいいでしょう。

ただし、楽天はポイント還元やクーポンがありますし、Amazonもセールがあるので安さはネットに軍配が上がるでしょう。

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。
もっともっとオシャレにイケメンになるメールマガジン&noteのお知らせ。

ブログですべてを述べたいところですが、正直書いても全くPV数が伸びない記事もあり伝えたいことがうまく伝えられない状況にモヤモヤしていました。

ブログはどうしても人気記事だけしか読まれないので、大衆向けの内容になってしまいファッションやイケメンになる理論が伝えられません。

そこで、メールマガジンとnoteで深くファッション理論や具体的なアイテムのオススメ、その組み合わせ方などお得な情報を紹介したいと思います。

メールマガジンでは、ファッションやイケメンになるための髪型や美容などの理論を、noteでは具体的なアイテムの紹介を行っております。

メールマガジンは無料、noteはジュース1~2本分のお値段です。

是非、ご覧ください。

もっともっとオシャレにイケメンになれるnoteはこちらからどうぞ。

毎シーズンのオススメアイテムについてご紹介しています。これを読むだけで購入するアイテムに迷うことはありません。

デートや友人との遊びで「なんかオシャレだね、かっこいいね」と言われる自分になれます。

メールマガジンの登録は以下からお願いします。(登録解除も簡単にできます)

※申し訳ありませんが、一定数のメルマガ申し込み人数が集まり次第配信となります。もし、ほとんど集まらなかった場合は中止させていただくことがございます。予めご了承ください。