クラブでナンパする際のファッション。キレイめよりスカウト系?黒より目立つ白が〇。 | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
BITTER

クラブでナンパする際のファッション。キレイめよりスカウト系?黒より目立つ白が〇。

こんにちは、Showです。

今回はクラブでナンパしたい時のファッションについて語りたいと思います。

クラブは「高級クラブ」でホステスがいる方ではありません(笑)

EDMが流れてみんなで踊る方です。

正直物々しくて苦手な方も多いと思いますが、モテたいなら一度は練習に行ってみるといい場所だと思います。

音がうるさいですし、暗闇なのでコミュニケーションが取り辛い。よって、ノンバーバルで伝える能力が上がるといったメリットがあります。

さて、そんなクラブに行くときのファッションはどんなのが良いのでしょうか?

 クラブへ向かう時のファッション。キレイめより、ストリートやBitter系。

 

キレイめ系も別に悪いわけではないのですが、オラオラしたタイプの男性が多いのでやはりちょっと「真面目」な雰囲気が漂ってしまいます。

クラブへ来る女性は、真面目な交際よりも遊びを求めている場合が多いので、この場合はドレッシーで真面目なスタイルというのはそこまで受けないでしょう。

それなら、仕事帰りのサラリーマンを装ってスーツでバシッと決めた方が良いでしょう。

 スカウトが着ているようなラグジュアリーなストリートファッションはウケ抜群。

 

最近のトレンドは「ラグジュアリーストリート」。

ラグジュアリーストリートは、本来なら交わることの無かった層が交わったファッションスタイルです。リベラルになった世の中の象徴ですね。

ラグジュアリーはハイブランドに代表されるジャストサイズやオーダーメイドの高級アイテムであり、ストリートは服を買うお金が無くてお下がりやずっと着れるオーバーサイズのアイテムを選んでいました。

詳しいラグジュアリーストリートのお話は別の記事に書きました。より深く知りたい方は是非お読みください。

このラグジュアリーストリートはヤンチャっぽさもありつつ、安っぽいどころかブランド力もあるので(Supreamが代表ですね)女性ウケは抜群ですね。

〈Photo by https://www.modescape.com/mag/mens-fashion-luxury_street/〉

このようにOff-WHITEというブランドのパーカーに黒スキニー、キャップを合わせる姿は典型です。

あとはSupreamのロゴTシャツあたりも定番でしょう。

 

 強く見えるBitter系のファッションもクラブで多い。

 

〈Photo by Bitter Store〉

Bitter系は昔のギャル男風のファッションをちょっと現代風にアレンジしたもの。

主にダメージデニムやスウェット、ラインジャージ―などのラフなアイテムを使うことが多いです。

Bitter系ファッションについて詳しく知りたい方は別に記事を書いているので是非ご覧ください。

やはり、ラフで男臭いアイテムを着ていると強そうに見えるのでクラブに来る肉食女子のウケは良いでしょう!

 ストリートやBitter系は似合わないという方は白いシャツやニットを着ていこう。

 

クラブは暗いのでいかに目立つかの勝負です。

暗闇の中で一番映えるのは「白」。

着る服が無ければ、白シャツや白ニットを着ていきましょう。

白シャツだけだと地味なので、ワンポイント入ったこんなアイテムが良いでしょう。

白ニットもケーブル編みを選んでみると地味でなくて良い。

ケーブル編みは何故かヤンキー男子にも人気のアイテムです。

参考までに上の画像のようなタイプです。

秋冬だけでなく、サマーニットという夏でも着れるタイプもあるんですよね。(サマーと書きつつ真夏はさすがに厳しいですが)

目立つ「白」を使って周囲の視線を引くのも一興です。

 

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。