オープンカラーシャツはメンズだとワイシャツより難易度高。インナーは何を選べばいい? | もっとイケメンになりたい。メンズファッションやイケメンを解剖するブログ。
コーディネート理論

オープンカラーシャツはメンズだとワイシャツより難易度高。インナーは何を選べばいい?

こんにちは、Showです。

 

今回はオープンカラーシャツの攻略法について語っていきたいと思います。

 

オープンカラーシャツってそもそも何?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。こちらの画像をご覧ください。

 

こんな感じで襟がぺちゃんと寝てリラックス感のあるシャツをオープンカラーシャツと言います。

 

これが今大流行中で猫も杓子もオープンカラーシャツを出しています。ユニクロやGUでも数種類見かけるぐらいです。

 

しかし、普通のワイシャツの形やボタンダウンシャツと比べても実は難易度が高いのがオープンカラーシャツなんです。

 

何故なのか、理由と攻略法について授けたいと思います。

 オープンカラーシャツはパジャマっぽい?普通のシャツより胸元が空きすぎて難しい。

 

オープンカラーシャツは素材や色によってはパジャマに見えてしまいます。

 

特に最悪なのはドット柄。完全にパジャマにしか見えません(笑)

 

ギンガムチェック柄もかなり怪しいですね。パジャマ感満載ですw

 

 

まぁこの画像は露骨ですが、アイテムそのものが発する印象というのは大きいので注意してください。

 

たいていの場合はブランド側がパジャマに寄せないように注意してくれているので大丈夫ですが、たまにあるんですよね。

 

 

また、この画像を見て下さい。

 

インナーにタンクトップなど外からは全く見えない物を採用してしまうと、胸元ががばっと空きます。

 

セクシーでこれ単体では悪いと言い切れないものの、大抵の場面では「やりすぎ」と思われるでしょう。

 

これを逆手に取ることもできますが、ちょっとここまで空いてしまうと正直人を選んでしまうのは間違いありません。

 

なるべく胸元の空きが少ないデザインを選ぶか、クルーネックのTシャツを着てみましょう。デザインに関しては割とケースバイケースなので、今回はクルーネックTシャツについて詳しく語ろうと思います。

 

 

こんな感じですね。これはクルーネックTシャツの見える範囲も狭いですし、理想ですね。(こんな風に裾からもTシャツが見えるようにしてもオシャレですね)

 

これはブラウンと白Tシャツという色の相性が良いのもよく見える理由ですが、このテクニックはどの色のオープンカラーシャツにも使えます。(もちろん白のシャツ以外w)

 

ポイントは下着っぽい白Tシャツを選ばないことです。ただでさえリラックス感が強いオープンカラーシャツなので部屋着のまま来たのかな?と思われてしまう可能性があります。

 

なので薄手な白Tシャツをチラ見せするのはやめましょう。クルーネックTだとより下着感が強調されてしまいます。

 

だからといって厚手すぎる白Tシャツもアウト。いや、難しいんだよと思われるかもしれませんがシャツのシルエットに影響がある程固めのTシャツはやめましょう、ということなのでそんなにあるケースではないと思います。

 

しっかりと試着しましょう。

 

 オープンカラーシャツを着るメリット。手軽にリラックス感が出せるのに、Tシャツほどラフな感じもないバランスが取れた良アイテム。

 

オープンカラーシャツは普通のワイシャツに近いようなデザインに比べるとリラックス感があります。簡単にリゾート感が出せ、海にきていくには相性抜群です。(ファッションはTPOが非常に大事です)

 

また、Tシャツ程ラフではないのでデートの服として着ていってもOK。夏のドレススタイルにはピッタリです。

 

昔、夏にもドレッシーな恰好をしたい!ということでサマーニットを流行らせようとアパレル業界が画策したのですが……。

 

あまり流行らず。理由としては単純に暑かったんですね(笑)

 

ニットTなど言い換えて何とかブレイクを狙いましたがメンズでは微妙な需要でした。

 

しかし、オープンカラーシャツならその夏のドレスの座をゲットするにふさわしい涼感と実際の涼しさを兼ね備えています。

 

是非、まだ着たことのない人はオープンカラーシャツを試してみて下さい。

 

ABOUT ME
show
元アパレル店員かつ、大学生活を服だらけで過ごしたファッション狂。その知識を誰かの役に立てたいと思いブログを開設。 購入、試着した商品をレビューしたり、ファッション理論について語ります。
BASEにて私のセレクトショップを始めてみました。

実はずっと夢だったセレクトショップの開店。